2012年6月アーカイブ

茅の輪くぐり

|
夏越し(なごし)の大祓が、6月30日午後3:00より彌彦神社拝殿前斎庭において執り行われます。引き続き宮司以下神職、巫女、後に参列者全員により"茅の輪くぐり"が執り行われます。

この大祓式は年二回、6月と12月の晦日に行われています。6月は特に炎暑を迎えるにあたり、生命力が強いとされる茅の輪をくぐり、常日頃知らず知らずの うちに犯している罪穢れを祓い清め、無病息災、除災招福を祈ることから、夏越しの祓い、茅の輪まつりとも呼ばれるようになりました。

茅の輪くぐりをした後に、この茅を頒けいただき、各家の軒先に挿したり、輪にして門口に掲げたりして家のお守りとすることも古い習わしとなっています。

拝殿前の茅の輪は、"茅の輪まつり"として6月25日~30日まで設けられており、誰でも自由にくぐることができます。また、小さな茅の輪のお守りも期間中に神社授与所にてお求めいただけます。

茅の輪2.jpg

茅の輪まつり.jpg